スポンサーリンク

回数のREPじゃないよ!筋トレ必須単語、RPEとは?

筋トレ必須単語、RPEとは?


RPEって知ってますか?
回数のREPじゃないですよ。RPEです。

これを知っていたら筋肉がデカくなるわけでも脂肪が燃えるわけでもないです。ただこれは効率的なトレーニングメニューを知るときに非常に重要になる単語です。RPEを知らないと、ジムで知り合った人とたまたま話してRPEの話題が出たときに分からなくて恥をかくことになるかもしれません。

RPEについて知っていたら「中級者以上の知識」だと思います。この記事ではRPEについて解説します!

スポンサーリンク

筋トレ必須単語、RPEってなに?

RPEは本気を出さない具合

RPEというのは「RPE7」とか「RPE9」っていう感じで使います。
RPEというのは本気を出さない具合のことで、RPE9よりもRPE7のほうが楽です。

RPEの使い方は?

まずベンチプレス10回が限界の重量があるとします。RPE9というのはその重量を9回で終わらせること、RPE7といわれたらその重量を7回で終わらせるということです。

ただし、この考え方だと10回が限界じゃない重量のとき表現できませんよね。
RPEで知っておくべき式を紹介するので見て下さい!

「限界回数」 – 「10 – RPEの数字」=終わらせる回数

5回が限界でRPE9といわれたら、

5 – (10 – 9)=4
つまり5回限界の重量を4回で終わらせるということになります。1回分余裕を持って終わらせるということですね。

筋トレの原則はRPE9!

トレーニングをするとき、RPEは基本的には9くらいがいいです。8でもいいくらいです。
頑張り屋の人はすべてRPE10でしてしまいます。

DeLormeトレーニングでは10回3repですが、1セット目と2セット目は余裕をもって終わらせていますよね。ただ、すべてのセットRPE10でトレーニングしている人よりも筋肥大は大きかったというのが科学的にも分かっています。

余裕をもって終わらせることは全く持って甘えじゃないです。あなたの筋肉を効率的に大きくするための戦略です。

スポンサーリンク

筋トレ必須単語、RPEのまとめ

RPEのまとめ

RPEは本気を出さない具合のことです。筋トレは基本的にはRPE9!
限界までやるのはいろんなデメリットがあるのでたまにでいいです。

RPEの例題

A~Cは何回上げればいいでしょうか。

A)8回限界の重量をRPE8
B)7回限界の重量をRPE5
C)20回限界の重量をRPE9

Aの答え 6回
Bの答え 2回
Cの答え 19回

この記事の評価をお願いします!

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (8 投票, 平均点: 5.00)
読み込み中...

 

筋肥大の基礎
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Parker Fitnessをフォローする
スポンサーリンク
科学的に根拠のあるトレーニングで短期間で最高のカラダになる方法!

コメント

  1. […] 毎回本気を出していては逆効果になるので週に1回だけ高重量を扱って本気を出す日、そして追い込まず重量も軽めでRPE8くらいにする日という計画性が重要です。 […]

  2. […] 限界に近すぎるのも効果が薄いことがわかっていますが、限界と遠すぎる筋トレも効果が薄いです。ベストな回数としてはRPE8~9に設定するのが最適と考えられています(回数のREPじゃないよ)。 […]

タイトルとURLをコピーしました